SourceTree 初期設定

SouceTreeの初期設定を説明します。インストールの方法はコチラを御覧ください( Windows用 | Mac用 )

I agree to the license agreement にチェックをいれてContinueをクリックし、進みます。

2016-11-07-12-01-11

 

SouceTreeを利用するにあたって、Atlassian  account (登録無料)が必要です。Go to My Atlassianをクリックしてアカウント登録を行ってください。
アカウントを取得したら、Use an existing account をクリックします。

2016-11-07-12-01-25
ログイン用のメールアドレスを入力します。Googleアカウントを利用して登録された方は、Log in witch Google をクリックしてください。

2016-11-07-12-01-33

 

つづいてパスワードを入力し、最後にLog inをクリックします。

2016-11-07-12-03-00

 

無事に登録が完了されました。

2016-11-07-12-03-21

 

つづいて、GithubやBitbucketなどのアカウントがある場合は、コチラで入力します。まだ取得してない場合、のちほどでも登録可能なので Skip Setupをクリックしてください。

2016-11-07-12-03-38

 

つづいて version control systemsをインストールです。 Continueを押してインストールします。2016-11-07-12-04-45

GitのシステムをPC内にインストールする際、どういった目的でインストールするかというのを選ぶダイアログが開く場合があります。

その場合は、システム全体でなく、SourceTree単体で使うためだけの… をクリックしてください

[Git]SourceTree(+Git)をインストールしてみるより画像を使わせていただきました。 http://qiita.com/okoi/items/967d7078db9a14cf840d

同様にMercurial をインストールするかどうかを聞かれる場合もあります。その場合は利用しないを選んでください。

 

OS特有の不可視な不要ファイルをGit全体で管理から除外するかどうかを聞かれます。Yesをクリックして不要なファイルを除外します。

2016-11-07-12-05-00

 

リモートサーバと接続するためのsshの公開鍵を利用するかどうか聞かれます。ひとまず利用しないので、キャンセルをクリックします。

2016-11-07-12-05-20

 

以上でSourceTreeが起動しましたので、初期設定は完了です。お疲れ様でした。

2016-11-07-12-05-33

 

参考