SourceTreeにGithubなどのアカウントを登録し、リモートリポジトリからクローンする方法

初期設定において、Githubなどのアカウント登録をしなかった場合、あとからアカウント登録を行う方法です。

 

Windows版の場合

 

SourceTreeの画面の左下にある+のアイコンをクリックします。これはSourceTreeにリポジトリを追加するためのアイコンです。

sc-2016-11-11-9-51-28

 

開いたウィンドウのSource Path / URLの右側にある、地球儀のアイコンをクリックします。

sc-2016-11-11-9-51-41

 

あたらしいウィンドウがひらきますので、右上のEdit Accounts… をクリックします。

sc-2016-11-11-9-51-53

 

こちらにおいてHosting Service(GithubやBitbuket等)を選び、接続方法などを設定します。

  • 接続方法 Basic
  • ユーザ名 {{GitHubのアカウント名}}
  • パスワード : {{GitHubのパスワード}}
  • プロコトル HTTPS

ユーザ名とパスワードを入力します。 Preferred Protocol はHTTPSのままでよいです。

sc-2016-11-11-9-52-01

 

パスワードを入力し、Loginをクリックします。

sc-2016-11-11-9-52-21

 

成功するとこのようにPassword OK の文字がLogin statusに表示されます。

sc-2016-11-11-9-52-46

 

以上でアカウント登録は完了です。アカウントに紐付いたリポジトリが一覧で表示されます。

sc-2016-11-11-9-53-02

 

一覧から、任意のリポジトリ名をクリックすると該当のリポジトリをローカルPCにクローンするためのステップにすすむことが出来ます。

sc-2016-11-11-9-53-17

 

macの場合

ブックマークウィンドウの右上にある歯車のマークから設定をクリックします。

sc-2016-11-11-9-54-31

 

左下のアカウントを追加…のボタンをクリックします。

sc-2016-11-11-9-54-39

 

 

ホストを選び、認証方法をBasicを選びます。
プロトコルはHTTPSにします。 
ユーザ名とパスワードを入力します。入力後OKをクリックします。

sc-2016-11-11-9-54-48

 

以上で、登録が完了です。登録したアカウントに紐付いたリポジトリが一覧表示されます。Windows同様に、これをクリックすると、該当のリポジトリをクローンするステップに進みます。

sc-2016-11-11-9-54-58